ここから本文です

練馬区。候補者の顔ぶれと情勢解説【都議選2017】

6/26(月) 18:30配信

選挙ドットコム

練馬区。候補者の顔ぶれと情勢解説【都議選2017】

自民党2人、公明党、民進党の現職4人の他、民進党、共産党、都民ファーストの会、東京・生活者ネットワークの新人5人なども加わる激しい戦いが繰り広げられています。

自身も障がいを持つ自民党現職・山加朱実氏は、障がい者が周囲に支援を求めやすくするヘルプマークを提案し全国統一基準となる見通しで、引き続き福祉への取り組みを訴え5期目を目指します。

自民党現職・柴崎幹男氏は、区議・都議の経験、少子化や中小企業対策などを訴え再選を狙います。

過去3回連続トップ当選で議席を得ている公明党は、小林健二氏が3期目を目指し、12人の区議とともにきめ細かく区内を廻り支持者固めに力を入れます。国政比例票3万5000票~3万7000票に上積みを図ります。

共産党は、引退する現職の後継に区議4期で団長を務める新人・戸谷英津子氏を擁立し、議席維持を目指します。6人の区議とともに支持層を固め、直近2回(14衆、16参)の国政比例票が4万8000票を超えている党勢を議席維持に結び付ける方針です。

民進党は、現職・浅野克彦氏が3期目を目指し、区議の新人・藤井智教氏も擁立します。浅野氏は豊洲への市場移転問題の不透明な過程を追及してきた実績をアピールし、藤井氏は行財政改革の必要性を訴えます。

練馬区の一部は、小池百合子知事が衆院議員時に選挙区とした東京10区を構成しています。去年の都知事選挙で小池氏は17万票余の得票を得ていることから都民ファーストの会は、いずれも区議で2人の新人・尾島紘平氏と村松一希氏を擁立し、複数の議席獲得を目指します。尾島氏は福祉財源の改革や都区制度の見直しによる都と区の役割分担の明確化などを、村松氏は待機児童の解消などを訴えます。

東京・生活者ネットワークは、区議2期、新人・菊地靖枝氏を擁立します。3人の区議とともに環境に配慮したまちづくりなどを訴え、かつて持っていた議席の回復を目指します。

エコ社会の構築を目指す環境党から、新人・渋谷誠氏が立候補しています。
なお、選挙ドットコムで都議選特設サイトを開設し、全42選挙区の立候補者・情勢の解説を行っています。

1/2ページ

最終更新:6/26(月) 18:30
選挙ドットコム