ここから本文です

大坂が尾崎を下して2週連続初戦突破 [イーストボーン/女子テニス]

6/26(月) 22:30配信

THE TENNIS DAILY

「AEGON国際イーストボーン」(イギリス・イーストボーン/6月25日~7月1日/賞金総額81万9000ドル/グラスコート)のシングルス1回戦で、大坂なおみ(日清食品)が尾崎里紗(江崎グリコ)との日本人対決を6-0 6-1で制し、2週連続で初戦を突破した。試合時間は54分。

大坂なおみがデービスとの接戦を制し、6大会ぶりの本戦勝利 [AEGONクラシック・バーミンガム]

 この結果で大坂は、尾崎との対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。今シーズンは3月にインディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー)の1回戦で対戦し、大坂が6-4 6-2で勝っていた。

 尾崎は予選決勝でバルバラ・レプチェンコ(アメリカ)に4-6 4-6で敗れていたが、欠場者が出たためラッキールーザーで本戦入りを果たしていた。

 アザレンカは2回戦で、第6シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する。シード勢は1回戦がBYE(免除)となっており、2回戦からの登場となる。

 AEGON国際イーストボーンはWTAツアー・プレミアに格付けされる大会で、シングルス48ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Altは繰り上がり出場

     ◇   ◇   ◇

日本人選手予選結果

【シングルス予選2回戦】

●24尾崎里紗(江崎グリコ)[9] 4-6 4-6 ○21バルバラ・レプチェンコ(アメリカ)[6]

------------

【シングルス予選1回戦】

○24尾崎里紗(江崎グリコ)[9] 7-5 6-0 ●23ジャクリーン・カコ(アメリカ)[Alt]

------------------------

【上位出場選手シード順位(シングルス)】

アンジェリック・ケルバー(ドイツ)[1/WC]
シモナ・ハレプ(ルーマニア)[2/WC]
カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[3]
ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)[4]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:BIRMINGHAM, ENGLAND - JUNE 21: Naomi Osaka of Japan hits a backhand during the second round match against Lucie Safarova of of The Czech Republic on day three of The Aegon Classic Birmingham at Edgbaston Priory Club on June 21, 2017 in Birmingham, England. (Photo by Ben Hoskins/Getty Images for LTA)

最終更新:6/28(水) 11:51
THE TENNIS DAILY

Yahoo!ニュースからのお知らせ