ここから本文です

A・サンチェスとアグエロをトレード? 英紙が報じる“win-winな計画”とは

6/26(月) 12:24配信

theWORLD(ザ・ワールド)

両クラブにとって悪くないプラン?

イングランドのアーセナルとマンチェスター・シティが、2人のスーパースターを巡り、トレードを敢行するかもしれない。

主要タイトルとハイレベルな競争を求め、アーセナルからの退団を望んでいるチリ代表FWアレクシス・サンチェス。今季31ゴールを挙げ、多くの決定機も演出してきた29歳のアタッカーに対しては、とりわけマンチェスター・シティが強い関心を示しているとされ、移籍成立も間近だとされる。

もちろんアーセナルとしてはチーム屈指の実力者であるチリ代表アタッカーの放出には断固として反対の姿勢であり、その折衷案として浮上したのがサンチェスとセルヒオ・アグエロのトレード案だ。英紙『Daily STAR』が報じている。大きな得点源であるサンチェスを失うアーセナルと、メインストライカーをガブリエウ・ジェズスへと切り替えつつあるシティの両者にとって、このトレードは悪くない話と言えるだろう。曰く、アグエロにはフランスのパリ・サンジェルマンも興味を示しているものの、アルゼンチン代表FWはプレミアリーグの舞台で続けることを望んでいるという。

カリム・ベンゼマやエディンソン・カバーニ、ルイス・スアレスなど、長年にわたりワールドクラスのCFを探し続けてきたアーセン・ヴェンゲルと、バルセロナ時代の教え子との再ダッグを望むペップ・グアルディオラ。果たしてプレミアリーグを熱くする2大クラブによる豪華トレードは実現するだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報