ここから本文です

球宴ファン投票最終結果発表、柳田が2年連続最多得票 大谷がDHで初選出

6/26(月) 17:04配信

Full-Count

ソフトバンクから最多5選手選出、柳田は唯一の50万票超

「マイナビオールスターゲーム2017」(7月14日・ナゴヤドーム、15日・ZOZOマリン)のファン投票結果が26日、発表された。ソフトバンクの柳田悠岐外野手が、パ・リーグ外野手部門で両リーグ通じて最多の50万9359票を獲得。唯一の50万票超えで2年連続最多得票となった。球宴は4年連続4度目の出場となる。

【画像】「マイナビオールスターゲーム2017」 ファン投票最終結果&ポジション別詳細

 また、日本ハムの大谷翔平投手は、パ・リーグのDH部門で選出。オールスター出場はルーキーイヤーの13年から5年連連続5度目、ファン投票での選出は3年連続4度目(13年は外野手、15年と16年は投手)だが、DHとしての選出は初。左太もも裏肉離れで今季はわずか8試合の出場も、やはり人気は絶大だ。

 パ・リーグの投手部門では、WBCでも活躍した千賀滉大投手が錚々たるメンバーを抑えて1位となり、ファン投票では初選出。外野手部門では、ブレーク中のソフトバンク・上林誠知外野手が3位に入って初選出となった。ソフトバンクは三塁手部門の松田宣浩内野手、遊撃手部門の今宮健太内野手も含め、12球団最多の5選手が選出された。

セ・リーグは阪神から最多4選手選出

 セ・リーグの最多は、2位阪神の4選手。中継ぎ投手部門のマテオ、捕手部門の梅野隆太郎、三塁手部門の鳥谷敬、外野手部門の糸井嘉男が選出された。昨年のリーグ覇者で、今季も首位を走る広島からは新井貴浩内野手が一塁手部門で選出。通算8度目の球宴で、今回は出場最年長選手となることが予想される。広島からは、二塁手部門の菊池涼介内野手、外野手部門の鈴木誠也外野手と3選手が入った。

 ファン投票の選出選手は以下の通り。名前の横の数字はファン投票選出回数/球宴出場回数。

【セ・リーグ】
◯先発投手 菅野智之(巨人)2/5
◯中継投手 マテオ(阪神)1/1
◯抑え投手 山崎康晃(DeNA)3/3
◯捕手 梅野隆太郎(阪神)1/1
◯一塁手 新井貴浩(広島)4/8
◯二塁手 菊池涼介(広島)3/4
◯三塁手 鳥谷敬(阪神)7/7
◯遊撃手 坂本勇人(巨人)6/9
◯外野手 鈴木誠也(広島)1/2、糸井嘉男(阪神)6/9、筒香嘉智(DeNA)3/3

【パ・リーグ】
◯先発投手 千賀滉大(ソフトバンク)1/2
◯中継投手 牧田和久(西武)2/4
◯抑え投手 松井裕樹(楽天)2/2
◯捕手 嶋基宏(楽天)5/8
◯一塁手 中田翔(日本ハム)7/7
◯二塁手 浅村栄斗(西武)4/5
◯三塁手 松田宣浩(ソフトバンク)6/7
◯遊撃手 今宮健太(ソフトバンク)4/4
◯外野手 柳田悠岐(ソフトバンク)3/4、秋山翔吾(西武)3/3、上林誠知(ソフトバンク)1/1
◯DH 大谷翔平(日本ハム)4/5

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/26(月) 17:41
Full-Count