ここから本文です

将棋・藤井聡太四段、新記録・29連勝に「今までと違った喜び」/一問一答

6/26(月) 22:18配信

AbemaTIMES

 将棋の最年少棋士・藤井聡太四段(14)が6月26日、歴代最多となる29連勝をデビュー以来、無敗のまま達成した。対局後の会見では「想像もできなかったこと。今までと違った喜びがあります」とコメントした。会見の模様は以下のとおり

―29連勝について率直な感想を

 自分でも29連勝というのは想像もできなかったこと。喜びとともに、非常に驚いています。

―今日はどんな思いで対局に臨みましたか

 今日は相手が強敵の増田四段でしたし、竜王戦の決勝トーナメントという大きな舞台ということもあって、連勝記録自体は意識しないようにしました。

―29連勝中で思い出の残った対局は

 初戦の加藤(一二三)先生に教えていただいた一局が思い出深いです。迫力あるものを体験できたのは貴重でした。

―タイトルについての思いは

 まだまだ実力をつけることが必要だと考えているので。タイトルを狙える位置まで実力をつけたいと考えています。

―連勝の喜びを誰に伝えたいですか

 家族と師匠に伝えたいと思います。

―今後の目標を

 もっともっと実力を高めて、タイトルを狙う位置になりたいと思っています。

―28連勝の時との違いは

 単独1位になれたというのは、自分でも特別な感慨というか、今までと違った喜びがあると感じております。

―次は30連勝がかかります

 連勝記録というのは、いつか必ず途切れてしまうものでもあるので、連勝は意識せずに、一局一局指して行きたいと思っています。これだけ注目していただいて、緊張というかプレッシャーはあるんですが、重圧に押しつぶされてしまってはよくないので、なるべく自然体で指すように心掛けたいと思います。

最終更新:6/26(月) 22:37
AbemaTIMES