ここから本文です

外濠をスイム、大阪城でトライアスロン

6/26(月) 22:10配信

Lmaga.jp

大阪城の外濠を泳ぐ『大阪城トライアスロン2017/NTT ASTCトライアスロンアジアカップ(2017/大阪城)』が6月25日、「大阪城公園」(大阪市中央区)で開催。悪天候にもかかわらず、大盛況に幕を閉じた。

【写真】大阪城公園でおこなわれたトライアスロン大会の様子

トライアスロンは、スイム(水泳)、バイク(自転車)、ランを合わせたレース。本大会はもともと、大阪の舞洲で開催されていた『2016舞洲トライアスロン大阪大会』と『NTT ASTCトライアスロンアジアカップ』で、今年から大阪城に会場を移した。

国の重要文化財であり、世界各国から多くの観光客が訪れる大阪城の東外濠で、国際トライアスロン協会認定の大会がおこなわれることは初めて。開催前より大きな話題となり、当日は雨のなか多くの観戦者がスタート地点の東外堀に集まり、選手たちに声援を送った。

男子エリートで1位となったタマーシュ・トート選手。「とても素晴らしいコース環境だった。僕は波が少なく平坦なコースが得意。特にスイムはたくさんの観客の声援が聞こえとても幸せだった。レースが終わったので、これから大阪城観光しようと思う」と笑顔。

初回開催は土砂降りになったり、曇り空になったりを繰り返したが、大会関係者は本大会が成功に終わり大きな手ごたえを感じていた。来年も大阪城を舞台に開催される予定だという。

取材・文・写真/岡田由佳子

最終更新:6/26(月) 22:10
Lmaga.jp