ここから本文です

TOKIO・山口達也、松岡昌宏への対応にネットから絶賛の声多数。「マジ理想の上司」「教育方針素晴らし」

6/26(月) 21:05配信

E-TALENTBANK

25日に放送された日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!!」でのTOKIO・松岡昌宏と山口達也のやりとりが話題になっている。

番組ではTOKIOが無人島を開拓する企画「DASH島」が放送され、その中で3年前に拠点として建てられた舟屋の床板の切れ端から作ったまな板にカビが生えているということで、松岡がカンナで表面を削り取り再生させようと奮闘した。

松岡はカンナの使い方がよくわからない様子で、削っていくうちにまな板の表面はガタガタになっていた。そこに山口が訪れ、まな板の表面を撫でると「やばいね」と感想を漏らしたが、松岡に「これどうやってやんの?兄い」と聞かれると、カンナの使い方をレクチャーした。

出しすぎたカンナの刃先を山口がげんのうで調整している間も、松岡は「なんでそこ叩くの?」などわからないことを質問した。それに山口は丁寧に説明し調整を終えると、作業台と余った木材でしっかり作業ができる台を作った。さらには、松岡がガタガタにしたまな板の表面を自らカンナを掛けある程度まで平らにすると「やりますか?まっちゃん」と声をかけ仕上げは松岡に任せた。

この放送に視聴者はTwitterで「やりやすいところまでやって、最後もう一度『やる?』と聞き見守る山口達也マジ理想の上司」「ああいう風に丁寧に教えて貰ったら上達するだろう」「松岡くんと山口くんのやりとりが兄弟みたいで微笑ましかった(笑)」「ホント、楽しそうでなにより」「TOKIOの教育方針素晴らし」と山口に感心するコメントが相次いだ。

山口は以前にも同番組で高級食材のナマコを集め、数週間かけて天日干しし、干しナマコを作ったが、誤って干し台を倒してしまいナマコを落としてしまったスタッフへの対応がTwitterで「子供を叱る時もこうでありたいと心底思った。」などと称えられていた。

株式会社イータレントバンク

最終更新:6/26(月) 21:05
E-TALENTBANK