ここから本文です

侍J、『ファンと選手をつなぐ』新戦闘服!鈴木誠也「相手を威圧できる」

6/26(月) 18:59配信

ベースボールキング

 NPBエンタープライズは26日、野球日本代表「侍ジャパン」の新ユニフォームを発表した。

 侍ジャパンは、同日よりアシックスとダイヤモンドパートナー契約を締結。それにより、アシックスのユニフォームが新ユニフォームとして採用。なお、今まで侍ジャパンのユニフォームはミズノが担当しており、同社以外のメーカーが野球日本代表のユニフォームを手掛けるのは初となる。

 新ユニフォームのデザインコンセプトは「ファンと選手をつなぐユニフォーム」。古来、侍が戦に勝ちをもたらすとして甲冑を染め上げた「青褐色(あおかちいろ)」、神聖と清浄無垢の象徴である「真白(ましろ)」、日の丸の赤である「紅色(くれないいろ)」、優美さと力強さの象徴「黄金色(こがねいろ)」の4色の日本の伝統色を採用し、デザインのテーマである『伝統美』を表現した。

 そしてユニフォームのストライプ部分は無数に繋がった小さな輪で表現。これは日本の伝統的な縞模様のひとつである「輪つなぎ」を取り入れたもので、色違いの無数の輪がつくりだす繋がりは、ファンと選手の間にある限りない想いの繋がりを象徴しているという。

 新戦闘服を身にまとい、発表記者会見に出席したDeNAの筒香嘉智は、「輪つなぎという全世代で結束して戦おうというコンセプトを表現している素晴らしいデザイン」と絶賛。広島の鈴木誠也も「かっこいいですし、相手を威圧できる」と胸を張った。

 また、デザインだけでなく、着心地も重視。鈴木は「すごく軽くて着心地が良い。良いプレーができると思います」と笑顔で話した。

 なお、新ユニフォームを身にまとった初の国際試合は7月12日からアメリカで開催される日米大学野球。アシックスとのダイヤモンドパートナー契約の期間は2017年6月26日から2021年5月末日までとなっている。

 2020年の東京五輪もこのユニフォームで戦う予定となっており、筒香は「今はまだシーズン中なので深くは考えられないが、侍ジャパンのユニフォームを着られることは本当に光栄。自分が子どものころ、ジャパンのユニフォームに憧れていた。子どもたちの夢や目標になるような選手になれれば。機会があれば選ばれるように頑張りたい」と意気込む。

 鈴木も「今年は悔しい思いをしたので、またジャパンのユニフォームを着て試合ができるように、シーズンで結果を残したい」と語気を強めた。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報