ここから本文です

ベッテルの“危険な”2度目の接触にペナルティポイント。F1出場停止まであと3点

6/26(月) 9:24配信

オートスポーツweb

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1アゼルバイジャンGP決勝でのルイス・ハミルトンとの接触についてペナルティを受けたが、ハミルトンに非があるとの主張を繰り返している。一方、ベッテルには今回、スーパーライセンスのペナルティポイントも加算され、出場停止処分を避けるため、慎重に行動すべき状況となっている。

セーフティカーの後ろを走るルイス・ハミルトン

 セーフティカー先導時、全車がリスタートに備えていた際、トップを行くハミルトンの後ろを走っていたベッテルは、ターン15出口でハミルトンに追突。その後、ハミルトンの横に並びかけて怒りを表し、もう一度ヒットした。

 スチュワードはこの件を審議、「カーナンバー5がカーナンバー44の隣に並び、44に向かって行った件について映像証拠を検証した結果、この行為は危険な状況を引き起こす可能性があるものだったと判断した」と発表、ベッテルに10秒のストップ&ゴー・ペナルティを科し、さらにペナルティポイント3も加算した。

 ベッテルは、ハミルトンはブレーキテストをしたと主張しているが、FIAは、テレメトリーを見た結果、そのような形跡はなかったと述べている。

 しかしベッテルは、ハミルトンの行為に不満を示し、ペナルティを科すべきだと考えている。


「はっきりしているのは、僕は故意に彼のリヤにヒットしたわけじゃないということだ」とベッテルはChannel 4に対してコメントした。

「僕はウイングにダメージを負った。彼のマシンも少し壊れたと思う。でもレースに影響は何もなかった。でも、ああいうことはすべきじゃない。彼は何度かやっている」

「問題は僕がすぐ後ろにいたということだ。(リスタートへの)備えをしていた。全車がそういう状態だから、連鎖反応が起こる。彼は何年か前の中国GPでも、リスタートの時に同じようなことをした。ああいうやり方はよくない」

「僕はペナルティを受けた。それならふたりにペナルティを科すべきだ」

「リーダーがペースを決めるものだということは分かっている。でも僕らはコーナーから脱出するところだった」

「彼は加速してからハードブレーキングをした。それを見てすぐに僕もブレーキを踏んだけど、止まり切れず、彼のリヤにぶつかってしまった」

「あれは不必要な行為だったと思う」

 ペナルティ対象となった2回目の接触について、ベッテルは次のように説明している。

「彼の隣に並んだ後、軽く接触した。でも僕が並びかけたのは、(意思表示の意味で)手を挙げるためだったと言っていい。指を立てたりとかはしていないよ。ただ、彼に対して、それは正しい行為じゃないと伝えたかった。(レース中に)実際に話すことはできないからね」

 ベッテルには今回、ペナルティポイント3が加算され、これで過去12カ月の合計が9点となり、あと3点で1戦出場停止の処分を受けることになる。ペナルティポイントが12カ月の間に12ポイントに達すると、次のレースに関してスーパーライセンスが停止されると規則で定められている。
 
 ペナルティポイントはそれぞれ12カ月で取り消されることになっているため、2016年イギリスGPでフェリペ・マッサをコース外に押し出したことで科せられた2点は、今年のオーストリアGP後の月曜に抹消されることになっている。

[オートスポーツweb ]