ここから本文です

リカルド、17位から優勝「あの3台抜きが勝利への道を開いた」レッドブル F1アゼルバイジャン日曜

6/26(月) 16:33配信

オートスポーツweb

 2017年F1アゼルバイジャンGP決勝で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは優勝を獲得した。

2017年F1第8戦アゼルバイジャンGP ダニエル・リカルド(レッドブル)が優勝をチームと祝う

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 決勝=1位
 退屈な優勝なんて、僕には今まで一度もなかったけど、今日のレースが退屈ではなかったことは確かだ。あちこちで起きたカオスと赤旗中断の後、ポディウムには手が届きそうだと思った。でも、ルイス(・ハミルトン)がピットインを強いられ、セブ(・ベッテル)がペナルティを受けるまで、優勝も可能だとは思っていなかった。

 昨日、予選でミスをして10番グリッドからのスタートが決まった後、日曜のレースはミスをせずに、アクシデントやチャンスを最大限に生かしていくレースになるだろうと言ったと思うけど、その点では、今日できることは全てやったと感じている。ポディウムあるいは優勝の可能性は、レース序盤に予定外のピットインをせざるをえなかった時点で、当初よりもさらに遠のいていた。確か17番手あたりまで下がったはずだ。でも、その後はあらゆることが順調で、リスタートのたびに順位を取り戻して、こういう結果になった。

 特に重要だったのは最後のリスタートだ。確か(ランス・)ストロール、(ニコ・)ヒュルケンベルグ、(フェリペ・)マッサ、僕の4人だったと思う。その4台がほぼ横並びで1コーナーを迎える状況になり、そこでうまく3番手に浮上できたんだ。ある意味では、あれが優勝につながるオーバーテイクだった。わずかなギャップが見えた瞬間に、僕は全力でそのチャンスを取りに行こうと考え、ブレーキをできるだけ遅らせて、あのポジションを手に入れたんだ。

 マックス(・フェルスタッペン)にとっては本当に残念なレースだった。でも、チームのみんなのために、こうして勝つことができて良かったよ。チーム全体としては、もっといい形でこの週末を終えることもできたはずだ。近いうちに、僕らが2人揃ってポディウムに上がれることを願っている。まあ、それにしても、何という一日だったことか。本当にクレージーなレースで、いったい何が起きたのか、まだよく飲み込めていない感じだ。      

[オートスポーツweb ]