ここから本文です

ライコネン「ボッタスが全面的に悪いのに、僕が代償を払うなんて」:フェラーリ F1アゼルバイジャン日曜

6/26(月) 12:12配信

オートスポーツweb

 2017年F1アゼルバイジャンGP決勝で、フェラーリのキミ・ライコネンはリタイア(14位完走扱い)に終わった。

予選後 3位のキミ・ライコネン(フェラーリ)とポールポジションのルイス・ハミルトン(メルセデス)が握手

■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 決勝=リタイア(14位完走扱い)
 今日はいろいろなことが起きた。僕ら自身にはどうすることもできないことだったけれど、それに対して大きな代償を払う結果になった。

 スタート直後のターン2で、(バルテリ・)ボッタスからヒットされた。彼が何をしていたのか、さっぱり分からない。すごく早くブレーキを踏んだ後、それに気づいたらしく、戻そうとして、スピードに乗ったまま僕にぶつかった。そのせいで僕のマシンのリヤエンドがウォールに打ち付けられて、大きなダメージを被った。
 完全に彼が悪いのに、僕が代償を払ったんだ。

 レースを続けることはできたけど、また不運に見舞われた。フォース・インディア同士が接触して、デブリが飛び、僕のリヤタイヤを壊した。その影響でフロア全体とリヤウイングが傷つき、リタイアすることにした。そしたら赤旗が出たので、コース復帰を目指してみようと思った。メカニックたちは素晴らしい仕事をしてくれた。短い時間のなかでフロアとエンドプレートを交換してくれたんだ。
         
 それでもマシンは完璧の状態ではなく、結局レースを諦めることにした。決勝中に2回もリタイアするなんて、ひどい一日だ。こういうことが起こらなければ、マシンはいいパフォーマンスを発揮したと思うから、悔しい。でも今日は他にどうしようもなかった。全力は尽くした。

[オートスポーツweb ]