ここから本文です

ボッタス「クレージーなレース…1周遅れから2位まで挽回できるとは」メルセデス F1アゼルバイジャン日曜

6/26(月) 12:47配信

オートスポーツweb

 2017年F1アゼルバイジャンGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは2位だった。

スタート直後のキミ・ライコネン(フェラーリ)とバルテリ・ボッタス(メルセデス)のバトル

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
バルテリ・ボッタス 決勝=2位
 クレージーなレースだったね。特に僕にとってはそうだった。1周目にキミ(・ライコネン)との接触があって、タイヤがパンクした。それで1周遅れになり、そこからポジションを上げていかなければならなかったんだ。2回目のセーフティカーがすごく助けになり、一歩一歩上位に近づいていった。

 今日の目標は優勝争いをすることだったけど、1周目の事故でそれは望めなくなった。一時は最後尾まで落ちたんだ。でも冷静さを保って、全力を尽くして、すべてのコーナーで最善の走りをすることを心がけた。優勝には届かなかったが、一時は最下位だったことを考えれば、2位をつかむことができてすごくうれしい。

 チームにとって重要なのは、フェラーリよりたくさんのポイントを稼いだことだ。自分自身のためにもポイントを加算することができてよかったと思う。

[オートスポーツweb ]