ここから本文です

サインツ8位「チームメイトとクラッシュなんて最悪だから、僕が犠牲になるしかなかった」トロロッソF1日曜

6/26(月) 14:44配信

オートスポーツweb

 2017年F1アゼルバイジャンGP決勝で、トロロッソのカルロス・サインツJr.は8位だった。

ダニール・クビアト(トロロッソ)はトラブルでリタイアした

■スクーデリア・トロロッソ
カルロス・サインツJr. 決勝=8位
 とにかくクレージーなレースだった。スタート直後に、僕はいきなり困難に直面した。ターン1に入った時、ダニール(・クビアト)がアウト側からコースに戻ってくるのが見えて、彼との衝突を避けるために左へ大きくステアリングを切ったんだ。僕が彼のクルマに突っ込んだら、チームにとっては最悪だからね! 結果としてスピンしてしまったけど、あの状況では僕が犠牲になるしかなかった。     

 でも、その後は落ち着いて辛抱強く走り続け、何のミスも犯さずに最下位から8位まで挽回できた。正直なところ、セーフティカーとか赤旗とか、いろいろなことがありすぎて集中を保つのが難しかった。それでも、最終的には今日の結果に満足していると言えるよ!
  

[オートスポーツweb ]