ここから本文です

ホタルの光、幻想的 珠洲・北山 来月5日まで見物客案内

6/26(月) 1:46配信

北國新聞社

 珠洲市若山町北山の住民でつくる「北山ほたるを守る会」のホタル観賞会「ほたるの舞」(本社後援)は24日夜、同所の北山川周辺で行われ、見物客約50人が幻想的なゲンジボタルの光に歓声を上げた。

 11世帯が暮らす北山の住民10人が、7月5日までの毎晩、見物客を案内するほか、手作りのストラップやコースター約500個を配布する。

 中山間地に位置する北山は街灯が無く、美しいホタルを見ることができ、毎年大勢の見物客が訪れている。守る会によるとゲンジボタルの出現は昨年より1週間ほど遅く、ピークは29、30日になる見通しだという。

北國新聞社

最終更新:6/26(月) 1:46
北國新聞社