ここから本文です

県選抜落選が成長のきっかけに。左利きのゲームメーカー・真岡MF金澤が栃木決勝で存在感

6/26(月) 9:00配信

ゲキサカ

[6.25全国高校総体栃木都予選決勝 栃木高 1-4 真岡高 栃木グ]

 全国最後の代表決定戦となった栃木県予選決勝で一際目立つ存在となっていたのが、真岡高の左利きのゲームメーカー・MF金澤礼弥(3年)だ。

 ボランチの位置から再三バイタルエリアへ侵入し、栃木高のプレッシャーを全く苦にすることなく、柔らかいタッチのドリブル、パスでチャンスメーク。「相手を騙すプレーには自信を持っています」というレフティーは、オーバーラップした選手にタイミング良く足裏パスを出したり、DFを引きつけてから角度のあるパスを通すなどアイディアとテクニックで異彩を放った。

 左足キックで得点にも絡んだ。1-0の前半40分、右CKをファーサイドのCB鈴木優斗(2年)へ通すと、その折り返しをFW齊藤遼平(3年)が決めた。後半は課題の一つである運動量が落ち、SHに移ったあとも思うようなプレーをすることができなかったが、テンポの速いパス、セカンドボールの予測の部分でも相手にとって嫌な存在となっていた。

 中学時代は県トレメンバー。高校に進学してからも国体予選のメンバー候補に名を連ねていたが、落選の悔しさを味わった。ただし、本人は「自分の中で悔しいものがあって、変わりました。あそこで入っていたら、自分は上手いと勘違いしていたと思う」と前向きに捉えている。悔しさをバネにメンタル面から変え、努力を重ねて伝統校の柱として全国切符を勝ち取った。

 ポジション、プレーヤーとしてのタイプは違うが、日本代表MF香川真司が憧れの選手。ファーストタッチやスルーパスは参考にしている部分だという。より上のステージで活躍するために「もうちょっと守備力ともう少しドリブルの精度を上げたいです」。課題を持って取り組み、全国総体では目標の全国4強以上に挑戦する。

最終更新:6/26(月) 9:00
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合