ここから本文です

中国株:上昇、大型株に広範な買い-香港株も値上がり

6/26(月) 14:08配信

Bloomberg

26日の中国株式相場は上昇。大型株が買われた。米MSCIの指数組み入れを巡る投資家の楽観的な見方に加え、今週予定されている習近平国家主席の香港訪問を前に公的基金が相場を支えているとの観測が広がった。

中国の一部大手企業から成る上海50A株指数は前週末比0.6%高の2543.32と、2015年8月以来の高値で引けた。国泰君安証券(601211 CH)や華夏幸福基業投資開発(600340 CH)の上げが目立った。両社はMSCIの世界的なベンチマーク指数に採用される本土上場の人民元建て株式222銘柄に含まれる。上海総合指数は0.9%高の3185.44で終了した。

香港市場ではハンセン指数が0.8%高の25871.89と、5営業日ぶりの上昇。中国本土銘柄で構成するハンセン中国企業株(H株)指数は1%上げた。

ミラボー・アジアのトレーディング担当ディレクター、アンドルー・クラーク氏(香港在勤)は「本土市場で一般的な大型株が全面的に支えられた」と指摘。7月1日の「香港返還20周年を控え株価指数を支える簡単なやり方だ。香港株が上げているのに、本土株を下落させることはできないだろう」と述べた。

原題:China’s Large Caps Surge to 2015 High Amid MSCI, Handover Boost(抜粋)*香港株(終了):ハンセン指数、0.8%高の25871.89

Kana Nishizawa

最終更新:6/26(月) 19:08
Bloomberg