ここから本文です

中国の裁判所、豪カジノ会社クラウンの従業員に懲役刑-昨秋から拘束

6/26(月) 15:44配信

Bloomberg

中国の裁判所は26日、オーストラリアのカジノ運営会社クラウン・リゾーツで「ハイローラー」と呼ばれる賭け金多額の顧客を担当する国際部門責任者ジェーソン・オコナー被告に懲役10月の判決を下した。中国当局は本土の顧客を勧誘する海外のカジノ運営会社を取り締まっており、クラウンの件はその中で最大規模。

このほか2人の豪従業員ジェリー・シュエン、パン・ダン両被告には、懲役9月が言い渡された。判決内容は豪州のグレーム・ミーハン上海総領事が上海市宝山区人民法院の外で明らかにした。同総領事によると、刑期開始は昨年10月の拘束日にさかのぼる。クラウンの従業員、計19人が起訴されている。

中国当局に従業員を拘束されたクラウンの海外事業は大きな打撃を受けた。同社はマカオ事業の持ち分を売却したほか、アジアのオフィスの大半を閉鎖した。

中国本土ではギャンブルそのものや賭博行為の普及宣伝が違法で、そうした場所で海外のカジノ運営会社が客を勧誘する場合に存在する微妙な境界線を今回の件は浮き彫りにした。本土からの大量資金流出に歯止めをかける当局の決意も示された。

原題:Crown Staff Convicted by China Court for Gambling Offenses (1)(抜粋)

Angus Whitley

最終更新:6/26(月) 15:44
Bloomberg