ここから本文です

バンドオンザランV、赤岡修次騎手が南関重賞初制覇/優駿スプリント・大井

6/27(火) 20:39配信

netkeiba.com

 27日、大井競馬場で行われた第7回優駿スプリント(3歳・ダ1200m・1着賞金2000万円)は、スタート後の争いから2番手につけた赤岡修次騎手騎乗の8番人気バンドオンザラン(牡3、川崎・内田勝義厩舎)が、直線で内を突いて一旦は前に出た1番人気サブノジュニア(牡3、大井・堀千亜樹厩舎)を差し返し、最後はこれに1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分13秒0(重)。

 さらにクビ差の3着に9番人気ジョワラルム(牡3、船橋・伊藤滋規厩舎)が入った。なお、3番人気アイアンハート(牝3、船橋・椎名広明厩舎)は5着、2番人気ハッピーブーケ(牝3、船橋・岡林光浩厩舎)は7着に終わった。

 勝ったバンドオンザランは、父スズカコーズウェイ、母セクシーシューズ、その父パラダイスクリークという血統で、これが南関東での初勝利。期間限定騎乗で南関東地区に来ている「高知の帝王」赤岡修次騎手にとっても、念願の南関東重賞初制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆バンドオンザラン(牡3)
騎手:赤岡修次
厩舎:川崎・内田勝義
父:スズカコーズウェイ
母:セクシーシューズ
母父:パラダイスクリーク
馬主:(有)グランド牧場
生産者:グランド牧場
通算成績:14戦4勝(JRA2戦0勝・重賞3勝)

最終更新:6/27(火) 21:06
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ