ここから本文です

アナハイムの生徒と交流 水戸・智学館中等教 英会話楽しむ

6/27(火) 4:00配信

茨城新聞クロスアイ

水戸市の国際親善姉妹都市である米国アナハイム市の学生親善大使6人が26日、水戸市小吹町の智学館中等教育学校を訪れ、授業に参加し交流を深めた。

4年(高1)の英会話授業では小グループに分かれ、それぞれテーマを設定。「好きなスポーツやプロチームは何か」と問われたルーク・アーチャー・ホーゲンキャンプさん(15)は「米大リーグのアナハイム・エンゼルス」と答えていた。海老沢和音さん(15)は「とても充実した時間だった。いい友達になれた」と感想を述べた。

親善大使は24日に来日。6軒のホストファミリー宅で生活し、7月4日まで滞在する。市長表敬や小中学校や茨城大学訪問、着付け教室などの日程が組まれている。

両市は1976年に姉妹都市を締結。85年から学生大使が来日している。震災後は中止されていたが、2016年に再開した。 (清水英彦)

茨城新聞社