ここから本文です

【速報】ミニスーファミ『SNES Classic』が欧米で電撃発表!収録ソフトは21本、幻の『スターフォックス2』も

6/27(火) 4:32配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■ウワサは本当だったのか……!

米任天堂(Nintendo of America)が、『Super NES Classic Edition』(『SNES Classic』)の発売を突如発表しました。Super NES(Super Nintendo Entertainment System)はスーパーファミコンの海外での名称。

つまり昨年の“ミニファミコン”大ヒットをなぞる形で、今年は“ミニスーファミ”が発売されるということになります。こちらは米国での価格は79.99ドル、2017年9月29日の発売を予定。

■米国版スーファミが手のひら大に。『SNES Classic』

アメリカのスーファミ=SNESをミニサイズにした『SNES Classic』。ミニファミコンと同様、実機を手のひらサイズで再現した製品。着脱式の2Pコントローラーはミニサイズにせず、遊びやすい本来の実機サイズのままとなっているようです。

■厳選された名作21タイトルを収録。なんと“幻の作品”も

『SNES Classic』にはゲーム機本体に21本のゲームソフトを内蔵し、ミニファミコンと同様にこれ一台ですぐに遊べるようになっています。

【収録タイトル】
・Contra III The Alien Wars
・Donkey Kong Country
・EarthBound
・FINAL FANTASY III
・F-ZERO
・Kirby Super Star
・Kirby’s Dream Course
・The Legend of Zelda: A Link to the Past
・Mega Man X
・SECRET of MANA
・Star Fox
・Star Fox 2
・Street Fighter II Turbo: Hyper Fighting
・Super Castlevania IV
・Super Ghouls’n Ghosts
・Super Mario Kart
・Super Mario RPG: Legend of the Seven Stars
・Super Mario World
・Super Mario World 2: Yoshi’s Island
・Super Metroid
・Super Punch-Out!!

『FINAL FANTASY III』(日本では『ファイナルファンタジーVI』)、『Super Castlevania IV』(日本では『悪魔城ドラキュラ』)など、日本国外で名称が変わった作品も多いですが、わずか21本に選抜されるだけの鉄板ラインナップが並んでいます。

この中で特筆すべきは『Star Fox 2』。もともとスーパーファミコン用に開発されていた「スターフォックス」シリーズの第2作が、のちにNINTENDO 64用に変更となり“幻”となった一本。それが今回の『SNES Classic』で晴れて日の目を見るというから非常に大きなサプライズです。

■こっちは日本のスーファミと同じ形! 欧州版『SNES Classic』

なお、『SNES Classic』は欧州の任天堂(Nintendo UK)でも『Nintendo Classic Mini: Super Nintendo Entertainment System』として同時に発表されています。

欧州のSNESは見た目が日本のスーパーファミコンと同じだったため、欧州版『SNES Classic』では日本人になじみにある形をした“ミニスーファミ”になっています。

日本版の“ミニスーファミ”は記事執筆時点で未発表。ただ、昨年のミニファミコンが海外で先行発表されたことを思えば出てくるとみて間違いなさそうです。出るとしたら、『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』という名前になるのでしょうか。収録ソフトの差異も含め期待が高まるところです……)。

文/柳 雄大