ここから本文です

マリーンに大野雄二……名プロデューサーのアルケミストが新作EPで「和モノ」縛り

6/27(火) 21:50配信

bmr.jp

マリーンに大野雄二……名プロデューサーのアルケミストが新作EPで「和モノ」縛り

マリーンに大野雄二……名プロデューサーのアルケミストが新作EPで「和モノ」縛り

モブ・ディープ、エミネム、ナズ、ケンドリック・ラマーらを手がけてきたヒップホップ界のベテラン・プロデューサー、アルケミストが、若手ラッパーとのコラボレーションEPで、マリーンや大野雄二といった日本のアーティストの音楽を全編でサンプリングしている。

ここ最近は、オー・ノーとのユニット=ギャングリンでの活動を始め、カレンシーとのコラボ新作『The Carrollton Heist』、モブ・ディープのハヴォックとのコラボ作『The Silent Partner』などをリリースし、またケンドリック・ラマーの話題の最新作『DAMN.』やアルバム未収録の“The Heart Pt. 4”を手がけるなど、20年にのぼるキャリアを誇りながらますます勢いに乗るアルケミスト。そのアルケミストが、自身のレーベル ALC Recordsから今月頭にデジタル配信したのが、ジェイ・ワージーのEP『Fantasy Island』だ。

ジェイ・ワージーは、故エイサップ・ヤムス参加の“Uza Trikk”や、Fool’s Goldからの作品リリースも話題となった西海岸のデュオ=ロンドン・ドラッグズ(LNDN DRGS)のメンバーでもある若手ラッパー。米Billboard誌のインタビューによると、アルケミストとは、バンクーバーで行われた友人メイヘム・ローレンのショウで初めて会い、アルケミストから「ファンだ」と告げられ、一緒にやることになったという。自分のことを知っていたことに驚いたジェイは、アルケミストがアール・スウェットシャツを介して自分の音楽に初めて触れたことを聞きだしたとか。

こうして完成したコラボレーションEP『Fantasy Island』は、全7曲を収録。リード・シングルとなった“Stepping Out”は、マリーンが1983年に発売した『デジャ・ブー』収録の英語曲「Stepping Out」をサンプリングしたものだが、なんとEP全体が、いわゆる「和モノ」使いという内容になっている。

2曲目の“Lost My Lex”は、大橋純子&美乃家セントラルステイションの1978年作『FLUSH』収録の「Rouge et Noir (赤と黒)」を、“Boomerang”では本多俊之&バーニング・ウェーブの81年作『ブーメラン』収録の「レディ・ハイヌーン」を、“Miss You”では『ルパン三世 オリジナル・サウンドトラック』(78年)より大野雄二率いるYou & Explosion Bandの「抱いて、ルパン」(“I Miss You Babe (Yes, I Do)”)を、“Four Fifteens”では同じく、78年の『ルパン三世 オリジナル・サウンドトラック2』からYou & Explosion Bandの「スフィンクス」を……と、いずれも元ネタは70年代後半~80年代前半の日本のジャズ・フュージョンが中心。どうやら、「空想の島」というタイトルは日本のことを指しているようだ。ジャケット・アートワークも、大滝詠一作品などを手がけた永井博あたりを彷彿とさせる、80年代前半の匂いが香るプールサイドのイラストになっている。

なお、このジェイ・ワージー&アルケミスト『Fantasy Island』はすでにデジタル配信でリリース済みだが、レコード盤が7月14日に発売予定で、こちらには全曲のイントゥルメンタル・トラックも収録される。また、ジェイ・ワージーによると、全曲のミュージック・ビデオを制作予定とのことで、すでに“Stepping Out”と“Four Fifteens”のビデオが公開されている。

1. Stepping Out (feat. $Ha Hef)
2. Lost My Lex
3. Rising Sun (feat. Rugotti)
4. Boomerang (feat. Polo100 & Big Body Bes)
5. Lil Freaks (feat. Rugotti)
6. Miss You (feat. Conway)
7. Four Fifteens (feat. Meyhem Lauren & Ray Wright)

最終更新:6/28(水) 14:00
bmr.jp