ここから本文です

リンジー・バッキンガムとクリスティン・マクヴィー、フリートウッド・マックの黄金期を支えた2人がデュオ作を発表

6/27(火) 17:17配信

CDジャーナル

 フリートウッド・マックのメンバーとして70年代から80年代にかけて活躍したリンジー・バッキンガム(Lindsey Buckingham)とクリスティン・マクヴィー(Christine McVie)の2人がデュオを結成。“リンジー・バッキンガム クリスティン・マクヴィー”の名でアルバム『リンジー・バッキンガム / クリスティン・マクヴィー』(WPCR-17838 2,400円 + 税)を7月19日(水)に発表します。同じくフリートウッド・マックのメンバーだったミック・フリートウッド、ジョン・マクヴィーもレコーディングに全面的に参加。アルバムから「イン・マイ・ワールド」と「フィール・アバウト・ユー」をYoutubeにて公開中。

 2014年、フリートウッド・マックが再結成ツアーを行なうためにメンバーが集まり、リンジーとクリスティンの2人で作業したときにスペシャルなものを感じたことがきっかけとなり、今回のプロジェクトがスタート。バッキンガムは「クリエイティヴな感情が溢れ出して、自然な流れでこのプロジェクトの実現のために人生をかけなくてはと思った。作品を生み出しているときは、もうデュエット・アルバムになるだろうと感じていた」とコメント。マクヴィーは「私たちはいつも一緒に調子よく曲作りしていたわ。リンジーと私、2人の間に起きた本当に素晴らしい何かに巻き込まれていったのよ」と語っています。2人は6月21日から全米ツアーを開催中です。

最終更新:6/27(火) 17:17
CDジャーナル