ここから本文です

【ベラトール】「ヒョードルに勝ったことはどんな意味がある?」ミトリオンの答えは

6/27(火) 15:42配信

イーファイト

 6月24日(現地時間)ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行われたベラトールNY大会で、“皇帝”ヒョードルにパンチの連打を浴びせ、1R 1分14秒で失神KO勝利を収めた元UFCファイターのマット・ミトリオン。

【フォト】パンチが相打ちとなり同時にダウンするヒョードルとミトリオン

 ヒョードルとの試合を振り返って、ダブル・ノックダウンした時に意識はあったのか、それとも本能的に動いたのか尋ねられたミトリオンは、「試合中、ヒョードルはとても賢かった。彼は俺の腰のあたりを見たり、俺の両足を見て、俺の動きを予測しようとしてたんだ。だから俺は少しスイッチをして動きを変えたのさ。それで、彼をちょっと混乱させることができたと思う。だが俺のパンチが当たった瞬間、同時に彼のパンチも当った。気づいたら、彼があおむけに倒れてるじゃねえか! だから俺はすぐ飛びこんでパンチを入れたんだ」と答えた。

 試合後の会見でミトリオンは、ヒョードルをKOできると試合前から予想していたか尋ねられると、「ああ、もちろんさ! 俺は自分の力を信じていた。素晴らしい気分だ。本当に最高の気分さ。超ハッピーだぜ」と、あらためて喜びをあらわにした。

 ヒョードルに勝ったことは、どんな意味があるか尋ねられると、
「カネをもらえるってことさ。彼はヒョードルなんだぜ! そして何ヵ月後かに、俺はまた誰かと戦う。待ちきれない気分さ」
と、早くも次戦への意欲を燃やした。

最終更新:6/27(火) 16:02
イーファイト

Yahoo!ニュースからのお知らせ