ここから本文です

マイナンバー印字の住民票を誤交付 牛久市 

6/27(火) 10:00配信

茨城新聞クロスアイ

牛久市は26日、同市内に住む女性のマイナンバーを印字した住民票を、誤って第三者の弁護士事務所に交付したと発表した。

市によると、弁護士事務所から19日、職務で使うため女性の住民票の請求があり、総合窓口課職員が第三者からの請求では本来記載できないマイナンバーを誤って記載し発行。21日、弁護士事務所から指摘を受けた。市は女性に経過を説明して謝罪した。

茨城新聞社