ここから本文です

【TENKAICHI】ISKA 世界ライトミドル級王者・廣虎が引退

6/27(火) 17:49配信

イーファイト

 7月16日(日)沖縄・ミュージックタウン音市場にて開催される『TENKAICHI 86』で、廣虎 (ひろと/ワイルドシーサー沖縄)が引退エキシビションマッチを行うことが発表された。

【フォト】現役最後の試合となったKNOCK OUTでのT-98戦

 廣虎は元プロボクサーで、キック転向後はWPMF日本スーパーウェルター級王座とINNOVATION同級王座などを獲得。昨年11月にはISKA世界ライトミドル級王座を奪取した。東京のリングでも活躍したが、2014年からはほぼ地元・沖縄で活動。

 今年6月17日には『KNOCK OUT』に初参戦。元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者T-98(たくや)と対戦し、2R55秒、ヒジで流血に追い込まれてのTKO負け。これが現役最後の試合となった。

 生涯戦績は45戦25勝(16KO)19敗1分。25勝のうち16勝がKOのハードパンチャーだった。今大会では引退スペシャルエキシビションマッチとして、TENKAICHIキックミドル級王者Tomo (天下一道場)と拳を交える。

最終更新:6/27(火) 17:49
イーファイト