ここから本文です

屋久島でサーフフィルムと音楽の夕べ サーフ写真家・佐藤傳次郎さん来島 /鹿児島

6/27(火) 9:15配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 屋久島環境文化村センター(屋久島町宮之浦)で6月21日、ハワイのカウアイ島在住のサーフ・フォトグラファー、佐藤傳次郎(でんじろう)さんのフィルム&ライブセッション「Makani Pili~海の風」が催された。(屋久島経済新聞)

佐藤傳次郎さんを囲んで、出演者家族も一緒に

 当日は、著名サーファー、ジェリー・ロペスさんが出演、ナレーションを務める「MANA」など3本の映像作品に合わせて生演奏するスタイル。佐藤さん自ら、マルチプレーヤーのミュージシャンKAZZさん、ギタリスト西藤ヒロノブさんとともに全国を回っている。

 今回は、ドラマーに藤山“E.T.”英一郎さんをゲストに迎えた3人編成。14メートル×20メートルの大型スクリーンに映し出された迫力ある波の映像と音楽がホールに響いた。
 
 佐藤さんは「13年前から、国内外で数えきれないほど上演してきたが、ミュージシャンたちの成長とともに映像の見え方も変わってくる」と話す。

 サーファーでもある「やくしま食堂」(屋久島町宮之浦)の矢野航貴さんの招きで来島。島のサーファーたちを喜ばせた。

 今後も福岡や高知へと北上しながらツアーを続ける。

みんなの経済新聞ネットワーク