ここから本文です

富士山の山小屋に無料Wi―Fi 静岡県、情報通信2社連携

6/27(火) 8:33配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県は26日、7月10日の富士山の山開きを前に、NTTドコモ(東京都)、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(同)の電気通信事業者2社と、外国人登山者向けの通信環境整備に関する連携協定を結んだ。

 2社は全ての山小屋に無料の無線通信「Wi-Fi(ワイファイ)」スポットを設置。観光や危機管理についての情報入手を容易にする。有効期間は閉山日の9月10日まで。

 NTTドコモは、けがや急病時に、医療通訳とリアルタイムで会話ができるサービス「みえる通訳」も提供。言葉が分からず意思疎通が難しい場合、富士山衛生センターや救護所に設置したタブレット端末を通じて、英語、中国語、韓国語の医療用語が分かる通訳にサポートを求めることができる。

 NTTドコモの谷誠東海支社長とワイヤ・アンド・ワイヤレスの喜地弘志副社長がそれぞれ県庁を訪れ、西田郁夫県文化・観光部長と協定書を交わした。西田部長は「登山者の1割が外国人。無料ワイファイの提供により、世界中に情報発信してもらえるのは喜ばしい」と話した。

静岡新聞社