ここから本文です

ポール・マッカートニーの“海賊姿”初披露!「パイレーツ・オブ・カリビアン」最新作に参戦

6/27(火) 17:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 世界的大ヒットシリーズの最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」の新たなキャラクターポスターが公開され、歌手ポール・マッカートニーの“海賊姿”が明らかになった。劇中では、主人公ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)の叔父「アンクル・ジャック」を演じている。

 デップ、ジェフリー・ラッシュ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイといったおなじみのキャストが再結集したほか、オスカー俳優ハビエル・バルデム、「キング・オブ・エジプト」のブレントン・スウェイツ、「メイズ・ランナー」シリーズのカヤ・スコデラーリオが新たに加わった本作。マッカートニー扮するアンクル・ジャックは、牢屋に捕らわれたジャックと偶然出会い、ユニークな会話を繰り広げるほか、歌声も披露する。

 マッカートニーにオファーをしたのは、他ならぬデップだそうで「ジャックが牢獄で叔父と鉢合わせするという奇妙なアイデアが僕の頭に浮かび、その役にはポール・マッカートニーがぴったりじゃないかと思ったんだ。彼は世界一優しい人物で、間違いなく最高の才能を持つ人物だけど、僕から彼に尋ねるだけの勇気がわくかどうかちょっと不安だったよ。だけど、とにかく尋ねてみたんだ」と振り返る。

 過去にはジャックの父親ティーグ役でロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」のキース・リチャーズも出演しており、音楽界のレジェンドが2人も参加したことになる。マッカートニーと共演したデップは「僕は本当に幸運だよ。これは素晴らしい賜りものさ。僕のためにポールがやってきて、演技をしてくれたなんて、本当にとんでもないことさ。彼は、本人役以外で映画に出たのはこれが初めてなんだ。ポールが出演してくれたことを、僕は一生絶対に忘れないよ。ポールはビートルズで世界を変えた。彼は文化を変えた。そして今でも歌い続けている。彼こそが本当のインスピレーションさ。そんな偉大な男だから、僕は彼から永遠に目が離せないんだ」と興奮気味に語っている。

 「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」は、7月1日から全国公開。

最終更新:6/27(火) 17:00
映画.com