ここから本文です

<タグ・ホイヤー>若きJリーガー対象にしたアワード設立 香川真司選手も期待

6/27(火) 20:48配信

まんたんウェブ

 高級時計ブランド「TAG Heuer(タグ・ホイヤー)」は、次世代の日本サッカー界を背負う23歳以下のJリーグ選手を選出し、表彰するアワード「タグ・ホイヤー ヤングガン アワード」を創設し、27日、東京都内でキックオフイベントを開催した。

【写真特集】香川選手、中澤選手、ゴンがキックオフイベント登場!

 同アワードは、Jリーグの次世代を担う選手の育成と今後のリーグ発展が目的。J1、J2、J3のクラブに所属する23歳以下の選手(1994年4月2日以降に出生した選手)が対象で、サッカーを愛する各界の著名人からなるアワードサポーター(現在未定)の投票により、10月ごろに30人に候補者を絞り、そこから一般投票を経てベストイレブンを選出。12月に表彰する。

 この日のキックオフイベントには、サッカーの香川真司選手、中澤佑二選手、中山雅史選手が出席。同アワードについて、香川選手は「率直に素晴らしい。若い世代から(受賞者が)選ばれるのは一つのモチべーションになりますし、賞の価値がどんどん上がっていけばいいんじゃないかなと思います」と期待を寄せた。

 タグ・ホイヤーは、イングランド・プレミアリーグ、ドイツ・ブンデスリーガをはじめ、世界のサッカーリーグでオフィシャルタイムキーパーを務め、2016年からはJリーグでもオフィシャルタイムキーパーを務めている。

最終更新:6/27(火) 20:51
まんたんウェブ