ここから本文です

銀座に築地本願寺のサテライトスペース 仏教講座や終活セミナー、ヨガも /東京

6/27(火) 10:54配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 「築地本願寺GINZAサロン」(中央区銀座2)は現在、7月から9月の「KOKOROアカデミー」のスケジュールを公開している。(銀座経済新聞)

築地本願寺GINZAサロン「KOKOROアカデミー」の講座風景

 同サロンは昨年5月、築地本願寺がオープンした「サテライトテンプル」。仏事・墓に関わることに加え、人間関係や日頃の生活の不安なども僧侶に相談できる「よろず僧談(そうだん)」と、仏教的な考え方に基づく講座や人生や終活を考える講座などを集めた「KOKOROアカデミー」を2本柱に運営している。

 「KOKOROアカデミー」は「こころ」「仏教」「教養」「終活」「体験」の5つのジャンルに分かれ、7月~9月は「親鸞聖人の生涯に学ぶ」「ナチュラルフローヨガ」「断捨離~捨てれば得られる~」「家元が教える『茶道のイロハ』」「がんと心の関係~心の治癒力と身体の治癒力~」「わが家の相続対策どうすればいいの?」「仏像ふしぎ発見~奈良のお寺と仏像~」などの講座を実施する。各講座は1コマ=90分~120分で受講料は1講座=1,000円(終活ジャンルの講座は無料)。

 「KOKOROアカデミー」「よろず僧談」とも、利用に当たっては「KOKOROアカデミー」の会員(入会金・年会費無料)になることが必要。

 築地本願寺首都圏開教推進部の石川勝徳部長は「オープンから約1年2カ月が過ぎ、現在の会員数は約3300人。銀座というアクセスの良さもあり、これまでお寺や仏教に縁のなかった人にも『学び』をきっかけに足を運んでもらっている」と話す。

 「学びを得る場所としての『寺子屋』、日頃の悩みを打ち明ける『よろず相談』は古くから日本の寺が果たしてきた機能。当サロンには僧侶が常駐しているので、気軽に僧侶と話をする機会も持ってもらえれば」とも。

みんなの経済新聞ネットワーク