ここから本文です

子どものおやつ どうしてる?(その2) 一緒にコネコネ楽める ☆えくぼママの沖縄子育て☆

6/27(火) 7:00配信

琉球新報

こんにちは~!キキママです。

私たちが発行するフリーマガジン「たいようのえくぼ」Vol.22(2016年8月発行)の企画「未来屋の森」でも紹介しましたが、『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本』(なかしましほ著、主婦と生活社刊)というレシピ本があります。

可愛い写真が表紙のこの本。
子どものおやつは捕食だと言われていますが、あま~いモノが好きな私。
ついつい、甘いお菓子を食べたくなります。

子どものおやつも、甘いモノを選ぶことをつい許してしまいがち…。
たまには良いけどね、なぁんかねー…と気になっていた頃に出会ったのが、この本でした。

バターも生クリームも使わない、寝かさないクッキー生地。
作ってみたら、とっても簡単!でした。

生地がちょっと固くて、柔らかくするのに豆乳を入れるなど、自分なりに工夫して作っています。
ゴマやナッツ、レーズン、オートミールなどを生地に混ぜるだけでバリエーションも増えるし、アレンジも楽しいです。

皆さんも、子どもと一緒に生地をコネコネしながら、手作りおやつを楽しんでみては??

(えくぼママライター キキママ)

☆えくぼママの沖縄子育て☆ これまでの記事はこちらから

 


☆ プロフィル ☆

キキママ

沖縄県那覇市生まれ。
山原生まれの旦那様と結婚し、一女一男の4人家族。
休日は畑のお世話と山原に遊びに行くのを楽しむ生活を送っています。

趣味は少しの手作りとアロマを生活に取り入れていくこと。
子どもがいる生活の中で感じたことをお伝えしていきまーす!

アイコンをクリックして「たいようのえくぼ」へ↓

琉球新報社

最終更新:6/27(火) 7:00
琉球新報