ここから本文です

日ハム4割打者・近藤 ヘルニア手術で今季絶望のダメージ

6/27(火) 12:01配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 開幕から4割をマークしていた日本ハムの近藤健介(23)が26日、椎間板ヘルニアの手術を受けることになった。

 28日に徳島県内の病院で脊椎内視鏡手術を行うという。

「シーズン中にチームを離れることは申し訳ないし、残念な思いもある。手術後は一日も早く元気な姿を見せられるようリハビリに励むつもりです」とは本人だが、今季中の復帰はほぼ絶望的だ。

 もともと捕手で、投手以外、すべてのポジションをこなすユーティリティープレーヤー。試合に出られるならばどこでも守らせてほしいというタイプだから、首脳陣は重宝する。

 今季はケガで離脱中の大谷に代わってDHが多かったが、キャンプ中は二塁も練習。二遊間を守る石井や中島や田中賢らに刺激を与えるだけでなく、他のポジションの選手にも緊張感を植え付けている。

 なにしろ4割打者。どの選手もウカウカしていたらポジションを取られると目の色を変えざるを得ない。

 試合後の居残り特打を欠かさず、後輩たちの面倒見もいい。ルーキーの石井は頻繁に、食事に連れていってもらうクチ。グラウンド内外で欠かせない存在だ。

 26日現在、チームは首位楽天とは16ゲーム差の5位。CS進出圏内の3位西武とも9・5ゲーム差ある。復帰した大谷はまだ全力疾走すらできないし、昨年の日本一チームも万事休すか。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/22(土) 6:15