ここから本文です

レクサス「LS」は2017年秋発売、衝突回避の新技術はステレオカメラがカギ

6/27(火) 6:25配信

MONOist

 トヨタ自動車は2017年6月26日、東京都内で会見を開き、レクサスブランドのフラグシップセダン「LS」の新モデルに搭載予定の予防安全技術を発表した。従来の予防安全パッケージ「Lexus Safety System+(トヨタ車ではToyota Safety Sense P)」と同等の機能に新技術を追加し、「Lexus Safety System+ A」として日米欧向けに設定する。LSの全面改良は2017年秋を予定している。

【今秋発売の新型「LS」のデザインや運転支援の作動イメージ】

 新パッケージには、「世界初」(トヨタ自動車)の技術として、自動でステアリングを制御して歩行者との衝突回避を支援する「アクティブ操舵(そうだ)回避支援」と、車両の後方を横切る歩行者を検知してブレーキを制御する「対後方歩行者サポートブレーキ」がパッケージに含まれる。

 この他にも高速道路での加減速と操舵を支援し、車線変更もアシストするシステム「Lexus CoDrive」を設定するなど、新しい予防安全パッケージではドイツ自動車メーカーのプレミアムブランドを意識した。

●新機能はステレオカメラで実現

 会見には、トヨタ自動車 先進技術開発カンパニー プレジデントの伊勢清貴氏が出席、「実安全」の追求のため、実際に起きた事故の形態に即して予防安全技術の開発を進めていることを説明。Lexus Safety System+ Aは、従来の予防安全パッケージのLexus Safety System+よりもカバーできる事故状況を増やした形になる。

 新たに対応したのは、自転車や夜間の歩行者の検知、出会い頭の衝突事故防止やドライバーの異常で運転できない状態の安全確保だ。交差点での出会い頭の衝突を警告するのは「ITSコネクト」と前側方をセンシングするレーダーの組み合わせだ。ITSコネクト対応車種同士の車車間通信によって交差点に車両が接近していることを知らせる。

 ドライバーの異常はステアリングのタッチセンサーで判断する。レーントレーシングアシスト(車線維持支援)とレーダークルーズコントロールの作動中、音や表示で警告してもドライバーが一定時間ステアリングを操作しない場合に、走行中の車線内で緩やかに減速して停止。ドアを解錠して緊急自動通報システムで通報する。クラクションとハザードランプで異常を知らせながら減速、停止することで他の車両にも注意を促す。

 「世界初」(トヨタ自動車)として搭載するアクティブ操舵回避支援は、対歩行者の衝突回避性能を高めたもの。歩行者と衝突する可能性が非常に高い時、ブレーキ制御のみでは衝突回避が困難だが、ステアリング制御によって衝突回避もしくは被害軽減が可能な場合に作動する。ガードレールと接触する可能性が高い場合にも同様の回避支援を行う。

 この機能は、前方監視用のカメラを従来の単眼カメラからステレオカメラに変更することで実現した。より確実に歩行者を検知し、ステアリング制御で回避行動をとるスペースの有無も同時に検出する上で、ステレオカメラが最適だと判断した。ステレオカメラの性能について具体的な数値は伏せたが、「Lexus Safety System+の単眼カメラよりも検知距離は少し長くなったが、検知できる幅は同等」(トヨタ自動車の説明員)だという。

●ステレオカメラの搭載車種拡大……ではない

 アクティブ操舵回避支援のステアリングの制御は走行中の車線をはみ出さない範囲にとどめる。歩行者の動き方の予測と、ステレオカメラで検知した空きスペースを基に、ステアリング制御を介入させるかを判断する。隣接する車線にはみ出さなければ回避できない場合はステアリング制御は作動しない。

 車線を逸脱する操舵回避支援をついては「開発することで、どの程度死亡事故を防げるかによる。衝突回避のため安全に車線を逸脱するには、さらに高度な全周囲のセンシングが必要になる。より多くの死亡事故を防ぐ機能であることが開発の判断基準になる」(トヨタ自動車の説明員)という。

 アクティブ操舵回避支援が作動するのは、ヘッドアップディスプレイによる注意喚起や、従来の対歩行者自動ブレーキと同様の警報に加えて、ブレーキのアシスト、自動ブレーキによる制動を順に行った後だ。そのため、ステアリング制御が介入する時点では停止するために減速した状態となる。

 当面は、ステレオカメラの搭載が前提の新しい予防安全パッケージのLexus Safety System+ Aに一本化するのではなく、従来のLexus Safety System+も残る。ステレオカメラの搭載車種を拡大するかどうかは明言しなかった。「アクティブ操舵回避支援の採用車種を増やしていく意思はあるが、ステレオカメラが必須なのか、技術の進化によって他のソリューションがあるのかは検討していく部分だ」(トヨタ自動車の説明員)。

●「レベル2の自動運転」とは言わない

 「自動運転につながる高度運転支援技術」と冠したLexus CoDriveは、レーダークルーズコントロールの作動中に車線維持に必要なステアリング制御を支援するもの。レーダークルーズコントロールは時速0~180kmまで設定できる。ステアリング操作の支援は、カメラで検知した白線を基にするが、白線を検出しにくい場合や車間距離が短い場合には先行車両の走行軌跡に合わせて制御する。カーブ進入時の速度が速すぎる場合には、地図情報を基に自動で減速する機能も含まれる。

 また、Lexus CoDriveは車線変更の支援も行う。ドライバーが安全を確認した上で方向指示器を操作すると、車線変更に必要なステアリング操作を支援する機能だ。車線変更のアシストは、先に市場適合性を確認できた日本市場向けから搭載する。欧米にも順次展開する。

 トヨタ自動車の説明員によれば、ベンチマークとなったのは同様の機能を展開するMercedes-Benz(メルセデスベンツ)やTesla(テスラ)、BMWだという。これから発表されるAudi(アウディ)の「A8」もライバルに挙げた。

 これらのシステムは、加減速と操舵を同時に制御するという意味では“レベル2の自動運転”と呼ぶこともできるが、伊勢氏は「LSに搭載したのは自動運転ではない。名称によって過信されるのを避ける意味でも、自動運転につながる高度運転支援技術と表現している。運転支援技術が高度になり出来が良くなっても、まだまだ運転の主体はドライバーであり続ける」と説明した。

最終更新:6/27(火) 17:41
MONOist