ここから本文です

高知のライブハウスに「ザ・ブルーハーブ」 結成20周年記念で、4度目 /高知

6/27(火) 11:22配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 高知のライブハウス「キャラバン・サライ」で7月15日、音楽イベント「HAVANERO(ハバネロ)」が開催される。メインゲストに札幌出身のヒップホップユニット「THA BLUE HERB(以下、ザ・ブルーハーブ)」が決定した。(高知経済新聞)

ライブ風景

 今回で4回目の来高となるザ・ブルーハーブ。ザ・ブルーハーブは、ラッパー=ILL-BOSSTINO、トラックメーカー=O.N.O、ライブDJ=DJ DYEの3人組。1997年に結成し、札幌を拠点に自主レーベルから作品をリリースしている。メッセージ性の強い歌詞、独特の歌いまわしで、ヒップホップをベースにさまざまなジャンルの音楽を取り入れたスタイルが特徴。

 同イベントに出演するDJは、「DJ SUNEO」「EKA」「MOTZU」「KAT」「ASA」「DOMINA」「YOHEY」「Teruco」「TAO-P」「KTGW」「オサレ」、DACNCEに「AHN UHN」「SIC ROCKS」、ライブに「吉岡たく」さんなど。

 イベント主催者の竹崎智博(DJ SUNEO)さんは「ザ・ブルーハーブは今年で結成20周年。四国でイベントを行うのは高知のみ。ライブでしか味わえない空気感を、ジャンル問わずたくさんの人に体感していただければ」と来場を呼び掛ける。

 開場は19時~26時。前売りチケットは2,500円(当日3,000円)。

みんなの経済新聞ネットワーク