ここから本文です

【巨人】菅野、球宴でオール直球を予告…2年連続ファン投票で選出

6/27(火) 6:03配信

スポーツ報知

 マイナビオールスターゲーム2017(7月14日・ナゴヤD、15日・ZOZO)のファン投票の最終結果が26日に発表され、投手部門で5年連続5度目の球宴出場となった巨人・菅野智之投手(27)は、パの強打者にオール直球勝負を予告。巨人・坂本勇人内野手(28)が2年連続で選出された。

【写真】山形での練習中、外野に向かってノックで大飛球を打つ坂本勇(カメラ・中島 傑)

 2年連続となるファン投票での出場が決まった菅野は、パの強打者相手にオール直球で挑む決意を明かした。昨年より約4万票多い25万4949票でトップ選出。「投票してくださったファンの皆さんに喜んでもらえるようにしたい。見ていてワクワクするようなホームランか三振くらいの勝負ができたら。できれば全部真っすぐで勝負できればと思います」と目標を掲げた。

 球宴は5度目の出場。2年前の15年は「僕は直球だけでは勝負できない。嫌な顔をされるかもしれないけど、変化球を投げたい」と臨み3回4失点。昨年は初回1死、ロッテ・角中にスライダーを投じた直後、遊撃手の坂本勇から「小さいな~」と声をかけられ変化球を封印。全21球中20球が直球で2回を完璧に抑えた。

 今季はリーグトップタイの7勝。「今年やってきたのはペース配分、ピンチでギアを上げること」と要所で150キロ台を連発する圧巻の投球で、セ28年ぶりの3連続完封も達成した。球宴は2、3イニング。最初からギアを上げて、力強い直球を投げ込んでいく。

 球宴の全球直球といえば06年の阪神・藤川。マウンドで握りを見せて予告し、「火の球」と称された剛速球でカブレラ、小笠原から連続三振を奪った。当時、東海大相模高2年だった菅野は「藤川球児さんの予告ストレート。分かっていても空振りを取れるのはなかなか、誰もができることじゃない。すごく印象深い」と衝撃を受けた。今度は、自分が記憶に残る対決を目指す。

 この日は、30日のDeNA戦(宇都宮)の先発に向けG球場で調整した。球宴には、1失点完投勝利した13日のソフトバンク戦(東京D)で3三振を奪った柳田も出場する。「ホークスの柳田選手だったり、フルスイングで応えてくれる打者に力勝負で。ファンを沸かせる勝負をしたいです」。夢舞台ならではの全力投球で、期待に応える。(片岡 優帆)

 ◆阪神・藤川の予告ストレート 06年の球宴第1戦(神宮)で9回から登板。西武・カブレラが打席に入ると、マウンドで直球の握りを堂々と披露。予告通り全球直球で、初球153キロがボールの後は3球連続空振りで三振。続く日本ハム・小笠原も最後は152キロで空振り三振。打者2人、全10球150キロ台の直球でファンの度肝を抜き、横浜・クルーンに交代した。

最終更新:6/27(火) 8:35
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 22:40