ここから本文です

具志堅用高 久々の映画に反省「演技では体が硬いんだよな」

6/27(火) 15:40配信

東スポWeb

 元ボクシング世界王者でタレントの具志堅用高(61)とアイドルグループ「仮面女子」の窪田美沙(23)が27日、都内で行われた、親子役で出演した短編映画「冬の糸」の記者会見に出席した。

 普段はひょうきんなキャラクターの具志堅が、娘の1人を亡くすシリアスな父親役に挑戦。本格的な銀幕復帰は約30年ぶりだという。セリフの少ない難しい役どころにも「自分でも悪くないと思う」と自画自賛。その一方で「まだガッツ石松さんには勝てない。演技では体が硬いんだよな。柔軟性がダメ」。ボクシングと芸能界の先輩を当面の目標にするようだ。

 娘役の窪田からも「すぐに本当のお父さんだと思えるほどハマっていた」とたたえられ、“役者・具志堅”に演技のオファーが増えるかもしれない。

 具志堅といえば、現役時代に打ち立てた世界王座13度防衛の記録は今も破られていない。分野は違うが、前人未到の「29連勝」を果たした将棋の藤井聡太四段(14)を同じ“天才”として注目している。「すごいと思うよ。将棋は戦いが長くて最後は体力勝負。俺なんてボクシングだから3分で終わるもん」と感心しきり。藤井四段との対局が実現した場合、3分どころか「1分も持たないでしょうね」と頭をかいた。

 映画は7月21日、東京「グレースバリ」で公開予定。

最終更新:6/27(火) 16:22
東スポWeb