ここから本文です

【オリックス】福良監督の誕生日28日に自力V消滅も

6/27(火) 7:03配信

スポーツ報知

◆楽天4―4オリックス=延長12回規定により引き分け=(26日・コボパーク宮城)

 勝利を目前にしながら、ボールはファウルグラウンドを転々とした。4―2の9回2死一、三塁。平野が決め球のフォークで代打・藤田のバットに空を切らせた。ゲームセットのはずだった。だが、そのショートバウンドの投球は暴投となって振り逃げに。続く代打・松井稼に適時打を許し、土壇場で同点に追いつかれた。

 福良監督は「止めてほしいけど、一番難しいところでバウンドしたね…」と若月をかばったが、21歳の女房役は「あんなの、捕れなきゃダメです」と猛省した。守護神の平野は「特にないです」と足早に球場を後にした。

 自滅の一戦だった。2点リードの6回も、ディクソンの一塁悪送球と右翼・武田の失策から同点にされた。この日の4失点のすべてがミスから招いたものだった。

 28日の楽天戦(弘前)で負ければ、自力優勝の可能性が消滅する。その日は皮肉にも福良監督の57歳の誕生日。今季初の引き分けに、福良監督は「(延長戦を)よくしのいだ」と繰り返したが、オリックスがいよいよ瀬戸際に立たされた。(筒井 琴美)

最終更新:6/30(金) 7:37
スポーツ報知