ここから本文です

『ザ・キング・オブ・ファイターズXIV』が2017年アジアインドア・ マーシャルアーツゲームズ公式種目に選出

6/27(火) 19:07配信

ファミ通.com

 SNKは、マーシャルアーツゲームズの公式種目に『ザ・キング・オブ・ファイターズXIV』が選出されたことを発表した。

 2017年アジアインドア・マーシャルアーツゲームズは、2017年9月17日から27日にトルクメニスタンの首都アシガバートにて開催予定。本大会では、eスポーツはデモンストレーションイベントとして行われ、『ザ・キング・オブ・ファイターズXIV』に加え『StarCraft II』、『DOTA 2』、『Hearthstone』の4タイトルが選出されている。

[関連記事]
2022年アジア競技大会で“eスポーツ”がメダル種目に 2018年大会ではデモストレーションが開催

 以下、リリースより。

----------

第5 回 2017 年アジアインドア・マーシャルアーツゲームズに 『THE KING OF FIGHTERS XIV』が公式種目として選出!
 株式会社SNK (本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:外山 公一)は、第5回 2017年アジアインドア・マーシャルアーツゲームズの公式種目に、『THE KING OF FIGHTERS XIV』が選出されたことをお知らせいたします。

◆第5回 2017年アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(AIMAG)について
2017年9月17日から27日にトルクメニスタンの首都アシガバートにて開催。競技種目は、ボーリング、3on3バスケットボール、ベルトレスリングなど全21種目。e-Sportsは、デモンストレーションイベントとして『THE KING OF FIGHTERS XIV』に加え、『StarCraft II』『DOTA 2』『Hearthstone』の4タイトルで開催します。なお本大会におけるe-Sportsは、アジア・オリンピック評議会、2017 AIMAG組織委員会、アジアe-Sports連盟の主催で、アリスポーツ(Alisports)とDuo Sport Groupが技術サポートを行う。

◆『THE KING OF FIGHTERS XIV』の選出理由
~AIMAGからのコメント~
『StarCraft II』『DOTA 2』『Hearthstone』の発表に続いて、『THE KING OF FIGHTERS XIV』が4つめの公式種目として追加されました。『THE KING OF FIGHTERS XIV』は、伝統的な格闘スポーツである武道に似ています。各プレイヤーは、様々なキャラクターを選択し、ゲームの中で、自らの手と視覚によるスキルを証明しなければなりません。これまでも『THE KING OF FIGHTERS XIV』は、世界中で公式競技ゲームとして選出されています。競技性と、伝統的なスポーツへの親和性を備えた『THE KING OF FIGHTERS XIV』は、このイベントに最適であると確信しています。

◆本大会の競技者登録について
本大会のスケジュール、ルール詳細、競技者登録については、下記をご確認ください。
※なお本大会は『THE KING OF FIGHTERS XIV STEAM EDITION』を使用いたします。
※大会スケジュール、ルール詳細、競技者登録はこちら

最終更新:6/27(火) 19:07
ファミ通.com