ここから本文です

小倉にカレー専門店「ルリズキッチン」 3年のブランク経て復活 /福岡

6/27(火) 15:27配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 小倉・砂津に6月19日、カレー専門店「瑠璃(るり)ズキッチン」小倉店(北九州市小倉北区砂津2)がオープンした。(小倉経済新聞)

 店舗面積は約6坪、席数は6席。店主の濱田龍介さんによると「牛骨ベースに牛肉ミンチを溶かし込んだ『龍之介カレー』と、3時間以上タマネギを炒め、酵素の多い野菜をブレンドしコクを引き出し真っ黒に仕上がった『黒龍カレー』の2種」を提供する。

 約3年前まで、母親の瑠璃さんが「旦過市場」(魚町4)内で同店の料理長として切り盛りしていたが、体調不良を理由に退店。以来、イベント出店などで継続してきたが、大量にカレーを製造するための施設が必要となり、「路地裏や下町の庶民的な雰囲気の場所探し」を不動産業者に依頼し、現在の場所を見つけた。「本来テークアウト専門で開業したが、いざ店を開けると『ここで食べたい』というお客さまの声が多く、急きょ客席を設けた」とも。

 主なメニューは、牛骨ベースの「龍之介カレー」(600円)、「焼肉ぶっかけカレー」(800円)、「羽衣唐揚げカレー」(750円)、「黒龍カレー」(700円)など。2種のカレーを盛り付ける「天ノ川カレー」や、トッピングの唐揚げやトンカツを全てのせた「全部乗せ」(以上850円)も。テークアウトや宅配にも応じ、テークアウトでご飯なしの場合100円引きで提供する。「カレー1皿につき、10円~20円を『赤い羽根募金』を通じて、地域の福祉施設などへ寄付する活動もしている」とも。

 濱田さんは今春、福岡天神地区の屋台事業者新規参入募集に応募し、数十倍の難関を突破し、毎週金曜に「日本銀行福岡支店」(福岡市中央区天神4)前でも営業している。7月から、屋台で提供している「国産モツカレー」や「明太カレー」などを小倉店でも提供予定。

 営業時間は11時~17時。金曜・土曜・日曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク