ここから本文です

八戸の有形文化財指定建物でビアガーデン 屋外テントで小雨にも対応 /青森

6/27(火) 15:30配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 八戸中心街の飲食店「青森自慢料理 ほこるや」(八戸市八日町、TEL 017873-1270)で、夏季のビアガーデン営業が始まっている。(八戸経済新聞)

 ビアガーデンは店前にテーブルと椅子を置き、テントも用意し小雨にも対応する。大正時代に建てられ、国登録有形文化財にも指定されている「旧河内屋橋本合名会社」跡で営業する同店。大正モダニズムを感じながらビールを楽しむことができる。

 ビアガーデンはコース制で、「100分飲み放題ラム肉ジンギスカンコース」(3,000円)、「120分飲み放題ラム肉と美保野ポークのジンギスカンコース」(4,000円)、「120分飲み放題 ラム肉・美保野ポーク・倉石牛ジンギスカンコース」(5,000円)の3コースを用意する。全てのコースにキムチ、枝豆、ポテトサラダ、おにぎり、揚げ物盛り合わせが含まれる。5,000円のコースには特産地鶏シャモロックつくね串も付く。

 同店マネジャーの吉沢明美さんは「6月19日から始まったが、本格的に動くのは7月に入ってから。ビアガーデンでは屋内よりも開放的に楽しんでいるお客さんが多い。明るいうちに外で飲んで、その後2次会に繰り出す人も多い」と話す。

 ビアガーデンを利用していた30代の男性は「ビアガーデンは、やはり気持ちがよい。今年になって初めてだが、暑くなったらまた来たい」、20代「ビアガーデンには初めて来た。まだ涼しいが、ビールをおいしく感じる」とそれぞれ話す。

 営業時間は、月曜~木曜=17時~22時、金曜・土曜=17時~23時。日曜定休。8月31日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク