ここから本文です

新リレー侍、多田修平「金メダル狙う」

6/27(火) 7:04配信

スポーツ報知

 日本陸連は26日、8月のロンドン世界陸上トラック&フィールド種目の代表19選手と、リレー種目の追加4選手を大阪・堺市内で発表した。日本選手権(23~25日)で14年ぶり2冠のサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=は、世陸で現役を退くウサイン・ボルト(ジャマイカ)と男子100メートル決勝での対決を熱望。2016年リオ五輪銀の男子400メートルリレーは、多田修平(21)=関学大=が山県亮太(セイコーホールディングス)に代わる新スターターに名乗りを上げた。

【写真】男子200m決勝を制したサニブラウン(中央、左は2位・藤光、右は3位・飯塚、カメラ・石田 順平)

 はにかんだ笑顔が赤く染まっていた。初の日の丸を背負う多田が新生リレー侍の目標を示した。「400メートルリレーはリオ五輪以上、金メダルを狙って頑張りたい。自分はスタートが得意だと言われているから1走だと思う。米国やジャマイカに勝ちたい」。落選したリオメンバーの山県に代わる新スターターとして、チームを勢いに乗せる自信がある。

 スターターに不可欠な加速力は、日本選手権100メートル2位で証明した。懸念は曲走路でスタートダッシュを再現できるかどうか。大阪桐蔭高時代に指導した花牟礼(はなむれ)武監督(46)は「エースが3走という方針なので、高校時代はずっと3走をしていた。コーナリングは全く問題ないと思う。1走でも適性はある」と証言。多田も「コーナー部分の走りを、さらに磨きたい」と向上心を見せた。出場予定の西日本学生対校(30日~7月2日、Eスタ)で、第1走者の予行演習を計画している。

 テレビの中の世界だったリオ五輪銀メダルは「うれしい反面、悔しい気持ちが大きかった」という。無縁だった日本代表入りが現実となり、リレー世界一を目指すチャンスを得た。「(リオを継ぐ)期待をされている。プレッシャーを力に変えて走れると思う」。個人種目の100メートルでは、準決勝進出と日本初の9秒台が目標。伊東強化委員長も「勢いに乗って、怖いもの知らずのレースをしてほしい」と背中を押した。急成長を続けるシンデレラボーイなら、やってくれそうな気がする。

最終更新:6/27(火) 8:55
スポーツ報知