ここから本文です

秋田の東海林太郎音楽館 ミュージカル化決まり来場者増 /秋田

6/27(火) 16:06配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 秋田市出身の歌手・東海林太郎の業績などを紹介する「東海林太郎音楽館」(秋田市大町2、TEL 018-823-5145)の来館者が増えている。(秋田経済新聞)

東海林太郎が使った楽譜

 1898(明治31)年、秋田市生まれの東海林太郎。「赤城の子守唄」や「すみだ川」などのヒット曲と、ロイド眼鏡にえんび服、直立不動で歌うスタイルなどで知られる。

 同氏の業績を称え、レコードやステージ衣装、楽譜、生家の玄関など500点以上の資料の展示・保存を目的に2005年にオープンした同館。

 日頃の来館者は月に60人ほどだが、劇団わらび座(仙北市)がミュージカル「東海林太郎伝説~秋田が生んだ永遠(とわ)の歌声」の上演を発表後、来館者が増え、既に例年より10人ほど多いという。

 同館の上野道子さんは「東海林太郎の人間味に触れられる資料を多く展示している。ミュージカルをきっかけに多くの皆さんに足を運んでもらえれば」と期待を寄せる。

 開館時間は10時~16時。月曜休館(月曜が祝日の場合は火曜休館)。1~2月休館。

みんなの経済新聞ネットワーク