ここから本文です

松本に予約制ダイニングバー「サリーパーティー」 韓国料理中心、ケータリングも /長野

6/27(火) 17:15配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 松本・宮渕のアップルランド宮渕店近くの予約制ダイニングバー「Sally’s Party(サリーパーティー)」(松本市宮渕1、TEL 090-3233-5262)が5月から本格的な営業を開始した。(松本経済新聞)

パリパリもっちりの食感にこだわったチヂミ

 完全予約制(2人以上)で、飲み放題付きコース料理のほか、バー利用、ケータリングサービスも行う。店内は落ち着いた雰囲気で、スパンコールの付いたクッションやキャンドルなどを飾る。韓国出身の店主・中村サリーさんは「自分の好きなものを集めた空間になった」と笑顔を見せる。席数は14席とテラス席。

 飲み放題付きコース料理は3タイプ(いずれも4,500円)で、Aコース(飲み放題3時間)はおつまみ12品とチヂミ、冷麺、デザートが付く。Bコース(同2時間)は、ナムルやチャンジャ、トッポギなどの韓国料理が中心。Cコース(同2時間)は洋食メニューで、ピザやパスタを提供する。期間限定で毎週土曜に、お任せ料理と飲み放題4時間の「サタデーハッピーアワー」(17時30分~21時30分、3,500円)も。貸し切りにも対応する。

 ケータリングは「タコチヂミ」(1,200円)、「冷麺」(1,000円)など韓国料理がメインで、プルコギをのせた「プルコギピザ」(1,200円)なども。「オードブル盛り合わせ」(4,000円、テークアウト3,500円)は、チヂミやギョーザ、ナムルなど7品を用意する。

 中村さんは9年前、結婚を機に来日。2014年2月、女鳥羽川沿いに韓国居酒屋「サリーポチャ」をオープンし、約2年間営業した。「何も知らずに始めたが、お客さまがいろいろアドバイスをしてくれて、自分も成長できたと思う」。子育てしながら店を切り盛りしていたが、「もっと料理に集中して、お客さまに喜んでもらいたい」と考え、予約制とケータリングサービスという業態にたどり着いた。物件は1年ほど前に契約したが、その後、韓国で暮らす父が病死し、ふさぎ込んでしまった時期もあったという。「励みになったのは『ママ友』の存在。本当に多くの人に助けてもらってまたお店を始めることができた」

 現在は完全予約制だが、「前の店のお客さんも一人でふらっと来られるように、いずれは予約なしでもOKな日を作りたい」と中村さん。「生活に合わせて、自分自身も無理なくやることが、お客さまにも満足してもらえると思う。できることをしっかりやって、多くの人に喜んでもらえれば」と意気込む。

 営業時間は15時30分~24時(21時からはバー営業)。店内利用は前日までに、ケータリング(4,000円から)は2日前までに予約を。

みんなの経済新聞ネットワーク