ここから本文です

阪神・西岡「1番・一塁」で二軍戦フル出場「普通にできました」

6/27(火) 20:27配信

東スポWeb

 左アキレス腱断裂からの一軍復帰を目指す阪神・西岡剛内野手(32)が、27日のウエスタン・リーグ、オリックス戦(鳴尾浜)でプロ入り13年目で初の一塁守備に挑戦した。

「1番・一塁」で先発出場し、故障後、2度目のフル出場。3打数3安打1四球でリードオフマンの役割を果たし、一塁守備も危なげなし。「一塁? 普通にできました」

 すでに本職の遊撃、中堅の守備でも試合に出ており、掛布二軍監督は「言われたポジションに対してしっかりやるだけという感じでいる。今後? 状態を見ていい感じならフルで使っていく」と期待を寄せる。

 球団は新助っ人候補としてジェイソン・ロジャース内野手(29=パイレーツ3A)の獲得が決定的。西岡としても早く復帰を果たしたいところだ。

最終更新:6/27(火) 20:27
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報