ここから本文です

決済サービス「PAY ID」がリアル店舗に対応 専用アプリ公開 友人間の個人決済も

6/27(火) 15:46配信

ITmedia NEWS

 ネットショップ開設サービスを運営するBASEは6月27日、オンライン店舗向けのクレジットカード決済サービス「PAY ID」を、対面での決済にも対応させた。店舗が発行したQRコードを、新たに公開した専用アプリ「PAY ID」(iOS専用)で読み取れば、決済が完了する。友人同士の個人間決済にも対応した。

【その他の画像】

 PAY IDは、対応の店舗にIDとパスワードを使ってログインするだけで、クレジットカード決済できる決済サービスで、ユーザーはカード情報を入力することなくカード決済でき、店舗はAPIを導入するだけでカード決済に対応できる。PAY IDは60万IDを発行しており、オンライン決済は30万店に対応しているという。

 新たに、対面販売にも対応させ、専用アプリ「PAY ID」を公開した。店舗が出力した商品のQRコードを、顧客のPAY IDアプリで読み取ってもらうだけで支払いが完了し、店頭でキャッシュレス決済できる。

 対面決済は、都内で展開する弁当の社内販売サービス「弁当将軍」、神奈川県のコーヒーショップ「ZEBRA Coffee」、トレーニング施設併設のコワーキングスペース「Co-nect 神楽坂」(東京・神楽坂)などで利用できる。

 PAY ID決済を新たに導入したい店舗は、オンライン決済サービス「PAY.JP」のクレジットカード決済を導入するか、PAY.JPに対応したネットショップ作成サービス「BASE」を利用する必要がある。決済手数料は12月末まで無料。

 ユーザー同士の個人間決済にも対応した。相手のIDと決済する商品の画像などを入力すると、相手に通知が届き、支払いを請求できる。物品の販売やイベントの参加費用など、対価が証明できる場合に限って利用可能。個人間決済は1回当たり3万5000円、月間10万円まで。

最終更新:6/27(火) 15:49
ITmedia NEWS