ここから本文です

夏場所を途中休場の稀勢の里 状態上向きをアピール「だいぶ上がっている」

6/27(火) 16:18配信

デイリースポーツ

 「大相撲名古屋場所」(7月9日初日、愛知県体育館)

 左上腕部などの負傷で夏場所を途中休場した横綱稀勢の里(30)=田子ノ浦=が27日、愛知県長久手市内の宿舎で名古屋入り後、初めての本格稽古を開始した。弟弟子で新大関の高安(27)と三番稽古を行い、精力的に15番取り、状態の良さをうかがわせた。

【写真】河村たかし名古屋市長を投げ飛ばす稀勢の里

 新大関の馬力にいきなり連敗したが、徐々に実戦感覚をつかんだ。左を差し、一気の寄り。相手の押しをこらえて、逆転の投げ。代名詞の強力な左おっつけで相手を崩して押し出すなど全開。最後は3連勝し、9勝6敗で締めた。

 夏場所前は高安との恒例の三番稽古を回避。ほぼぶっつけ本番だった。今場所は2週間前で高安の豪快な当たりを受け止めることができる。「高安とやるってことは、だいぶ上がっているということ。一日一日しっかり過ごす」と、初日にピタリと照準を合わせた。