ここから本文です

フランソワ・トリュフォー監督作をオールナイト上映「ピアニストを撃て」など4本

6/27(火) 18:30配信

映画ナタリー

「世界の映画作家Vol.187 フランソワ・トリュフォー 愛の変遷」と銘打たれたオールナイト上映が、7月1日深夜から翌朝にかけて東京・新文芸坐にて行われる。

【写真】「日曜日が待ち遠しい!」(他3枚)

これはフランソワ・トリュフォーの監督作を一挙上映するもの。犯罪小説をもとにしたモノクロ作品「ピアニストを撃て」、イギリス人姉妹とフランス人青年の長きにわたる三角関係を描く「恋のエチュード」、悪女に振り回される男たちの姿をコミカルにつづった「私のように美しい娘」、遺作となったファニー・アルダン主演のミステリー「日曜日が待ち遠しい!」の4本がスクリーンにかけられる。

チケットは劇場窓口およびチケットぴあにて販売中。

世界の映画作家Vol.187 フランソワ・トリュフォー 愛の変遷
2017年7月1日(土)東京都 新文芸坐
開場 22:15 / 開映 22:30 / 終映 翌6:00(予定)
<上映作品>
「ピアニストを撃て」
「恋のエチュード」
「私のように美しい娘」
「日曜日が待ち遠しい!」
料金:一般 2300円 / 前売り券、友の会 2100円
※18歳未満は入場不可

(c)LES FILMS DU CARROSSE

最終更新:6/27(火) 18:30
映画ナタリー