ここから本文です

新大関高安、稀勢の里と稽古「いい汗かけた」

6/27(火) 16:30配信

デイリースポーツ

 「大相撲名古屋場所」(7月9日初日、愛知県体育館)

 新大関高安(27)=田子ノ浦=が27日、愛知県長久手市内の宿舎で名古屋入り後、初めての本格稽古を開始し、兄弟子の横綱稀勢の里(30)=田子ノ浦=と三番稽古を行い、6勝9敗と善戦した。

 横綱の左上腕部などの負傷で先場所はできなかった恒例の調整。存分に横綱にぶつかっていった。いきなり一気の寄り切りで白星発進。その後も豪快な上手投げで横綱を転がした。遠慮なくのどわで押し込み、押し出す場面もあるなど、見守った地元の園児らに迫力ある相撲を披露。最後はスタミナ切れで3連敗したが、互角の勝負だった。

 「いい汗をかけた。引き締めるにはもってこい(の相手)。立ち合いがまだまだ。強い気持ちを持ってやっていく」と振り返った。

 新大関優勝へ課題はスタミナ。先場所も11勝は挙げたが終盤に失速し、優勝戦線から脱落した。「体力面で少し貧しい。先場所もここぞで力を出せなかった。厳しい稽古をやっていく」とキッパリ。兄弟子との稽古に加え、夏場所前同様、出稽古も視野に入れた。