ここから本文です

小田原・江之浦でアオリイカが「ハッチアウト」 「かわいすぎる」と話題に /神奈川

6/27(火) 23:59配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 小田原・江之浦で5月から産卵していたアオリイカの「ハッチアウト(ふ化)」が始まり、生まれたての小さなアオリイカの姿がダイバーを喜ばせている。(小田原箱根経済新聞)

アオリイカの卵の様子とふ化

 「江之浦ダイビングサービスアクアランド」(小田原市江之浦、TEL 0465-29-0056)が海中に設営した木の枝で作られた産卵床に産卵されていたアオリイカの卵。6月20日前後からふ化が始まり、生まれたてのアオリイカが、海中を時に泳ぎ、時に浮遊している。

 同社の野瀬勝利さんは「とにかくかわいい。全身で体を動かして懸命に泳ぐ姿は、海の天使のよう。とても癒やされる」と話す。次々にふ化が続いておりしばらく楽しめるという。同社では、20年前より産卵する場所を確保するため、近隣の漁師の協力を得て、木の枝を利用した産卵床を海の中に設営してきた。

 ダイバーからも「誕生したばかりのアオリイカの赤ちゃんが余りにもかわいいので感動した」、「小さいけど姿はアオリイカなので驚いた」などの声が寄せられているという。野瀬さんは「ふ化して生まれたアオリイカが、産卵しに江之浦に戻ってきて欲しい」と笑顔を見せる。

みんなの経済新聞ネットワーク