ここから本文です

海老蔵、勸玄くんの舞台出演「すまない判断だった」と葛藤も…「共に乗り越えたい」

6/27(火) 13:08配信

スポーツ報知

 乳がんと闘いながら22日に亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)の夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が27日、自身のブログを更新。長男・勸玄くん(4)が史上最年少で宙乗りを披露する「七月大歌舞伎」(7月3~27日・歌舞伎座)の夜の部「駄右衛門花御所異聞(だえもんはなのごしょいぶん)」に向け、「なんとか共に乗り越えたい」と決意を明かした。

【写真】公演中の劇場で会見し、涙をぬぐう市川海老蔵

 海老蔵は「今日が覚える最後の日 つまり 今日中に覚えなくてはならない」と勸玄くんと台本を読んでいる姿をアップ。「片時も離れないでいてくれるカンカン。明日からカンカンも稽古です。互いに皆 残された家族は離れられないものですね」とつづった。

 さらに「4歳の子には抱えきれないものを抱えさせてしまい 親として七月公演に出演させる事 色々考えてしまいます」と葛藤を抱えていることを告白。「母を失い そして大舞台をさせること、本当にすまない、、本当にすまない判断だったと、酷な判断な結果となってしまった、と反省してます」と胸中を明かしたが、「なんとか共に乗り越えたいと思います。乗り越えられたら 乗り越えられたらいいな、と思ってます」と決意を示した。

 一方で「話変わりますが時間がたたない、経つのが遅く感じる。今日この頃です、、」と喪失感もにじませた。

最終更新:6/27(火) 22:17
スポーツ報知